準快の汚部屋

クソみたいな備忘録

茨城から日帰りでさっぽろ雪まつり行ってみた

久しぶりの旅行記更新です。なんか北海道行きてぇ!って思ったことはありませんか?私は過去に1度だけ函館に訪問したことがありますが、それだけでは物足りず、以前から行きたいなぁと思っていました。理由?理由なんていらねぇだろ。己の本能が行きたいって言ってんだ。

 

急遽日帰りすることになった

そもそも思いつきの旅とはいえ宿泊を伴う形での旅程を考えていて、そこにちょうどSKYセールというスカイマークの航空券セールが開催され、茨城空港発のチケットだけあらかじめ確保していました。しかし日程の都合で難しくなり、航空券をキャンセルしようとしたのですがSKYセールで購入したチケットはキャンセル不可(※)ということでもったいないなぁ、と思い日帰りで行ってみるか、となったわけです。(※ただし、キャンセルした場合は旅客施設使用料のみ返金されます)

まずは茨城空港

茨城空港に行くには基本的にバスを使います。自家用車がある人は無料の駐車場が使えますが、そうでない人はいずれかの駅からバスとなります。今回は水戸駅南口から高速バスで向かいました。8:15のバスは関東鉄道が運行ですが、なんと同じ時間の同じ乗り場から同じく関鉄運行のTMライナー筑波大学行きが出発するため気を付けましょう、目の前で空港経由便だと思って間違えて乗った人がいました。(※そんな便はありません)

8:15発TMライナー筑波大学行き

運賃は1070円。関鉄運行便はICカードが使えますが、茨城交通運行便は使えません(VISAとかは使えるようです)。荷物の積み込みなどで発車が遅れましたが、定刻の8:55着から5分程度くらい遅れて空港に到着しました。

こちらも8:15発茨城空港行き

ちょうど神戸から飛行機が到着したところのようで、空港内は少し混雑していましたが、そんなに並ぶこともなく保安検査場を通ってスムーズに出発ロビーへ。旅慣れしてる感を装っていますが、実は飛行機に初めて乗るのでちょっと緊張していました。といっても保安検査場を通過すれば電車とそんなに変わらんですね。ただしこの日は関東で大雪が見込まれていたため、茨城を15:00時以降に発つ便に関しては条件付き運航ということで運賃にかかわらず払い戻し可となっていました。自分が乗る便も対象になっていたらその時点で旅行取りやめのつもりでした。

ガルパン引退

ご存じの通り(?)茨城空港では飛行機に搭乗する際地上を歩いて飛行機に横付けされた階段を上って搭乗します。そしてこの階段などが付いた空港車両にはガルパンの絵柄がラッピングされているのですが、なんと偶然にも搭乗翌日の2月6日から順次置き換えされるとのことで、おそらく自分にとっては最初で最後の機会となってしまいました。ガルパン自体すでに10年経っているのでそろそろなのかなぁという気はしますが、またコラボやってくれるといいですね。

ガルパン

SKY791便

この日の機体はB737-800でした。あんまり飛行機に詳しくないですが一般的な新幹線と同じくらいの大きさって印象ですね。予定どおり茨城空港を離陸し、空から見る茨城の景色を期待していたんですが、前述のとおり天気が悪くすぐに雲の中に入ってしまいなにも見えませんでした...。また乱気流のためしばらくベルト着用サインが消えず、ただ白い窓を見つめるだけの時間が30分ほど続きました。サインが消えてすぐにスカイマークおなじみのキットカットが配布されているとやっと雲が抜けて北海道が見えてきました。苫小牧に停泊するさんふらわぁを発見すればもうまもなく新千歳。そのまま降下していき10:57ごろ着陸、ほぼ定刻通りに到着し人生初のフライトが無事終わりました。

はじめての飛行機

北海道函館付近(多分)


飛行機振り替えで大混雑

本来なら降りてそのまま駅へ直行なのですが、いろいろありまして新千歳で手続きを済ませる必要があり、空港カウンターへ行かねばならなかったのですがこれが雪予報の影響なのか大混雑。長い列に並ぶ羽目になり、11時過ぎの快速エアポート号で札幌へ向かうはずが結局12:30の電車になってしまうという大誤算。日帰りでもともと滞在時間が短めなのに、しょっぱなから無駄に時間を消費してしまった。。。

積雪はあるものの澄んだ青空が広がる千歳


KitacaでGO!

全国の交通系ICカードを集めており、まだ未購入だったJR北海道発行のKitaca新千歳空港駅で購入。そのまま札幌までの乗車券として使用。乗ってみて感じたことは、快速でも時間がかかるなぁということ。今度のダイヤ改正快速エアポートの本数が増えるとのことですが、なんかのニュースで「増発するよりもっと速くしてほしい」って乗客からの声が取り上げられていたのを見てなるほどな、と感じました。でも空港から札幌駅まで46kmもあるのにこれ以上早くしろなんて無謀かなぁ、やっぱ北海道は距離感覚おかしいよ。

最初の列車

北海道がいかに広いか見せつける例の地図

雪まつりセイコーマート

南北線で移動

これかっこいいな

今回の目的は主に3つ。ひとつは表題にある通り、さっぽろ雪まつりを見ること。もう一つはそれに合わせて期間限定で運行される札幌市電の「雪ミク電車」に乗ること。最後に、セイコーマートで買い物です。

まずさっぽろ雪まつりですが、こちらは3会場に分かれています。雪像が並んだ大通会場、これがもっとも有名ですね。次にすすきの会場、こちらは氷像が並ぶエリアとなります。最後につどーむ会場、これは丘珠空港の近くにある公園で開かれる、雪の滑り台など体験型の施設が展開されるエリアです。つどーむ会場のみ札幌駅から離れており、内容も比較的子供向けのため今回はすすきの会場と大通会場に絞って見学することにしました。先にすすきの会場へ向かうため、札幌市営地下鉄南北線を利用してすすきのへ。電車を降りて地上に上がるとありました。

いきなりビール


一通り見た後雪ミク電車を探そうということでとりあえず来た市電に乗って探してみることに。するとすぐにお目当ての電車とすれ違い、運行中であることを確認。どうやら平日は内回り、土休日は外回りを循環しているようです。調べてみると時刻表が公開されてるんですね、てっきり非公開だと思ってとりあえず探そうとしていたので無駄に時間食うところでした。雪ミク電車の居場所が分かったところでいったん大通会場に移動します。するとかなりの人でごった返していました。あんまり長居できないので、事前に調べて見ておきたいと思っていた雪像をさっさと巡ろうと歩くと足を滑らせて転びそうに。ブーツを履いてきたとはいえ足元が悪いですね。

最初に見た市電

ブルアカやってないけど一応....(撮ってる人多かった

日立物流

雪ミク2024

会場を1往復する順路が敷かれていますが、基本的には片道歩くだけでおおむね見たい雪像は見れるようになっており、私は西11丁目あたりで会場から離脱。雪ミク電車が来るまで時間があるのでこの間にセイコーマートで買い物します。

東西線西11丁目駅

セイコーマートは北海道のコンビニとして知られていますが、埼玉と茨城にもあります。なんならさっきの茨城空港内にもあるのになぜわざわざここで買い物をするのか。理由は北海道でしか発売されない商品があるからです。今回のお目当て商品はこちら。

おにぎりの下が新商品ブラックラーメン

このブラックラーメンは北海道内のみ取り扱いということで関東では購入できないためこの機会にと思い購入しました。

そして雪ミク電車がやってきました。ところが乗ってみるととんでもない混雑。途中では積み残しが出るほどでした。それと車内は基本的にほかと同じですが、声優さんのサインがあったり広告があるようです。ただ前述の通りあまりの混雑で見るのは断念しました。乗れただけでも良しとしよう。

帰りの時間が迫るが、

駅に戻る途中でテレビ塔を見る(撮影時間が惜しい)

寒いけど澄んだ青空(と札幌駅南側)

帰りの飛行機は新千歳17:30発。50分前には空港に到着するべきと考えて16:00発の快速エアポートで札幌を後にします。立客が出るかどうかくらいの混雑で定刻に新千歳空港駅に到着。約4時間ぶりに戻ってきました。で空港に戻ってきて簡単にお土産を買って運航案内板を見上げてみると、

天 候 調 査 中

の表示が。まぁそれ自体は想定内だったんですがもともと乗ろうと考えていたAIRDO便がすべて欠航となり、振替えたANA便も結局条件付き運航ということでなんとも微妙な感じ。機材変更と出発時間20分延の通知が届きましたが、とりあえず羽田に着いてくれさえすれば問題ないので特に気にせず。ただそのあと常磐特急に間に合わないと帰れなくなり結局東京で一泊するハメになるのでそれだけは避けたい。

ANA74便に乗りたい

降雪の中着陸

結論から言うと約20分遅れながらも羽田に着陸できました。それにしても東京は想像以上の降雪でもはやどっちが北海道かわからんぞ(笑)。といってもこれで終わりではない。今回搭乗したのはB777-200で、行きのスカイマークB737と比べると、見るからに大型で座席数も多い。降りるのにかなり時間がかかりました。そして安い京急で品川に出るつもりが、どうやら線路凍結などで電車が詰まり気味との報を受け急遽モノレール空港快速で浜松町へ。モノレール自体初めて乗ったのですが、降雪時にだけ見られるレアな姿が見られました。

帰りはトリプルセブンでした

除雪用のブラシを付けて走る(たぶんかなりレア)

進まないひたち号

とても上野駅とは思えない光景

さて、上野21時ちょうど発の特急ひたち29号になんとか間に合ったものの、時刻を過ぎてもなかなか来ない。そしてやってくる電車たちは信じられないほど雪を被っていらっしゃる。ここは東京なのか、新千歳に戻ってきたのか。結局15分ほど遅れて到着したものの、前が詰まってるのか抑止表示。30分遅れて上野を出るもずっと低速走行を続け、ついに松戸駅運転停車。どうやら藤代~取手で踏切安全確認をやっているようで、場所が場所なので復旧に時間がかかっている様子。常磐線各駅停車に何本も抜かれる屈辱的な時間が過ぎていき、1時間くらい経ってようやく運転再開。最終的に2時間ほど遅れて到着したため、特急券は払い戻しに。寝台特急を除いて初めて電車内で日を跨ぐことになりましたとさ。

天気が良ければ日帰りもいいかも

思い立ったが吉日、とは言いますがよくまぁこんな無茶な日帰り旅行を直前に計画して決行したな、と後になって思いました。でも関東・北海道ともに荒れた天気でなければ日帰りさっぽろ雪まつりも悪くないです。そうつまり全部雪のせいだ。(JR SKI SKI)

さっぽろ雪まつりは見たいものを事前にある程度決めておけばそんなに時間はかからなかったので、あとは天候と混雑次第でしょうかね。ちなみに見てのとおり札幌はカラッカラに晴れていましたが、それでも雪が降る東京より寒かったです。今年は暖冬でしたがそれでも寒さ対策はしっかりしましょう。ところで札幌滞在時間は想定が4時間強だったのに対して実際には3時間弱という結果でした。目標は達成できたとはいえもう少し滞在したかったな。

こんな旅を真似する人がいるのかわかりませんが、北海道に行きたい!という衝動に駆られて本能のままに行きたい・行こうとしてる方の参考になれば幸いです。ちなみに私はまた年内に北海道に行く気がします。

事故廃車が決まったキハ40を車内から

 

TMライナーに乗ってみた・TX延伸の代替手段となり得るか

つくばセンター水戸駅とを結ぶTMライナーという高速バスをご存じですか?最近茨城県つくばエクスプレス(以下、TX)を茨城空港や水戸に延伸させようと様々な取り組みをしているようですが、ならば並行路線となるTMライナーの使い勝手はどうなのだろうと思いこのたび乗車してきました。大まかな結論としては、TMライナーで充分だろ、といった感じです。

 

TX開業より前からある

TXと接続するイメージが強いTMライナーですが、実はTX開業前の1998年ごろから走っています。需要があるのかないのか、増便したり減便したり、運行会社が関東鉄道だったり子会社が担当したりと変更を繰り返してきたようです。2019年からは社会実験及び利用促進として茨城県の協力?で増便したり筑波大学に乗り入れるようになりました。現在は実証実験を終了しており、平日9往復、土休日4往復となっています。

水戸駅南口からいざ乗車

水戸駅南口からスタート

今回は土休日ダイヤのTMライナー つくばセンター行きに乗りました。平日は本数が多いだけでなく偕楽園始発便があったり県庁経由ですが、土休日は県庁を経由しない代わり赤塚駅を通ります。南口は4番乗り場から発車します。

八角形みたいなバス乗り場です

ただいまの時刻は8:15です。TMライナーは8:25発ですがもういるではないですか。と思ったら茨城空港行きでした。

仕切りなおしてやってきたのはこちらのバス。あまりバスの形式とか詳しくないですが、日野セレガ・2TG-RU1ASDAだそうです。2018年製です。

これに乗ります


まぁ簡単に言えば新しめのよくある高速バスですね。関鉄HPでは高速バスに「乗るときに」ICカードをタッチ、と書いてありますが今回は運転手さんから「降りるときに」タッチするよう案内されました。

時刻通りに出発。この時点で客は私含め2名。案外少ないな、と思いましたが平日だともう少し多いかもしれません。水戸駅をぐるっと回って常磐線を越えて水戸駅北口に到着、ここは平日と土休日で乗り場が違うので注意が必要です。なお北口から乗る人はいませんでしたが、途中赤塚駅までのあいだに数名乗車し10名ほどでつくばへ向かうようです。

常磐線を越えていく

水戸駅を出て約8分ですがまた水戸駅に戻ってきた

フリーWi-Fiはクソ雑魚すぎる

簡単にバス設備を紹介しておきます。使用車両によって多少異なるかもしれませんが、今回乗車したバスでは各席にコンセントがあるもののテーブルはありません。リクライニングは充分に席を倒すことができます。使用しませんでしたが車両後方にトイレがあります。

見た目通りちょうどいいフカフカさでした


そして肝心の(?)関鉄フリーWi-Fiですが、正直かなり厳しいです。TwitterのTL更新をするとテキストは読み込まれるものの画像表示がかなり遅れます。満員のバスでみんながWi-Fiに接続しているならともかく運転手含めても3人ほどでこの遅さなのであまり期待しないほうがいいです。

1Mbpsいかない

余談ですが、この日はWBC準決勝日本VSメキシコの試合が8:00ごろから行われていて、つくばまでの道中にprimevideoで中継配信を見るつもりでした。画質を最低に設定してもロードが長い長い。やっっとつながったけどパラパラアニメみたいな見づらさで、しかもちょうどメキシコに先制3ランを打たれるところを見てしまいました。あぁ...これは負けたなとそっ閉じしてあとは風景を眺めるのみでした。まさかこのあと劇的なサヨナラ勝ちするとは思いもせず。侍JAPAN優勝おめでとう!

わざわざタブレット持ってきたのにただのお荷物と化した

高速に乗れば早い

水戸市内のバス停をすべて通過すると水戸ICから常磐道を走ります。水戸市内のICなので名前に偽りはないですが郊外に位置しているため周辺に市街地のような雰囲気はありません。

水戸IC9:03通過


そのまま南下すると石岡高速バス停に停車。石岡小美玉スマートICと千代田石岡ICの間にバス停があり、ここでは乗車降車どちらも可能になっています。今回は降車はなく乗車が1名でした。東京方面行きの高速バスも当バス停に止まりますが、つくばまでのバスでもそれなりに需要があるようです。

石岡BS 9:20着


時刻通り発車し渋滞にはまることなく桜土浦ICで高速を降ります。

桜土浦IC 9:35通過


国道354号をすこし南下して県道55号学園東通りを西に進み、JAXAの横を通過するとまもなく終点です。

なにかと話題なJAXA 写真には写ってないですがロケットも見えます


つくば市内は終点までの間にいくつかバス停がありますが今回は誰も降りませんでした。つくばセンター9:49着、ほぼ時間通りでした。渋滞無しで定刻通りでしたので渋滞にはまると確実に遅れそうです。所要時間は85分、休憩SAなしで走り抜けますがこれくらいならお尻が痛くなることもなさそう。

お疲れさまでした

TMライナー常磐線どっちがいい?

さて肝心のライバル路線、常磐線と比較するとどちらが安いのか、早いのか、気になると思います。まず前提条件として水戸駅つくばセンターを行き来するとします。常磐線つくばセンターを通らないので関東鉄道バスで土浦ーつくばを移動します。すると以下のようになります。

運賃と乗り換えなしの面ではTMライナーに軍配があがりそうです。電車のほうが早めに到着できるとはいえそこまで大差がなく、例えばつくばから水戸ではなくその先の日立高萩いわき方面が目的地となる場合を除けばTMライナーで充分だと思います。

TX延伸の代わりとなれるか

最近茨城県はTXをさらに北に延伸させようと躍起になっているようです。しかし延伸するには高架線か地下鉄のどちらかの方式で建設する必要があり、どちらも建設費がかなり嵩むのは誰の目にも明らかです。そして人口減少社会を迎えつつある今、田畑しかないところに線路を通して一体誰が利用するのでしょうか。確かに小美玉茨城町など鉄道空白地帯ではラッシュ時とても混雑しますが、昼の需要なんてたかが知れています。つまり突然茨城にお金が降ってきたりなんらかの拍子に人口が爆増しない限りTMライナーで事足りると思います。そもそも現状平日9往復で積み残しを聞かない程度の利用者ならそれで充分ですよ。茨城県TMライナーの宣伝に力を入れるべきですね。TXに夢を見過ぎです。

ただ、東京から水戸に行くというシチュエーションでTMライナーを使うという選択肢は出てこないと思います。JRだけでなく高速バスみと号がありますからね。そう考えるとTMライナーは水戸とつくば両都市に住む人にしか需要も恩恵もないということなります。その観点で言えばTMライナーをTX延伸の代わりと呼ぶには微妙な立ち位置ですが、所詮はその程度の経済規模なんですよね。ただTX延伸よりは現実的で将来性があると感じます。

終わりに

TMライナーに乗る前は、TXの延伸までのつなぎのような役目を背負わされたバスかなと思っていましたが、結局はよくある都市間バスだなという印象を持ちました。正直なところ水戸市民とつくば市民以外移動手段の選択肢に出てこないようなニッチな高速バスですが、機会があったら乗車の検討を加速してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

おまけ

欲望の塊

 

ダイヤ改正概要が発表される前日に651系「草津」グリーンに乗ってみた話


※注意 この記録は2022年12月15日(木)の旅行について述べています。今更すぎてすいません。

 

2022年12月16日金曜日に発表されたJRグループダイヤ改正にて高崎・吾妻線の特急列車「草津」に充当されている651系をE257系に置き換えることが発表されました。ただ、185系「踊り子」引退時みたいに明確に651系が引退するとは書いてなかったのが個人的に引っかかっています。とはいえデビューから30年が経過し明らかにボロボロになっている現状をみると引退なのかなと思います。185系頑丈すぎだろ

 

そんなわけで、651系の引退が近づくいま(2月3月)になってお別れ乗車をしようとすれば間違いなく葬式鉄で溢れてゲンナリするだろうと考えた私は、12月の平日に乗ろうではないか!と思い立ったわけです。ちなみに651系自体は2020年3月13日にいわき富岡でのラストランに乗りにいってたのですが、ずっと心残りがありました。それは…

1+2列グリーン車に乗りたい!(乗ったことがなかった)

常磐特急時代はそもそも乗る機会がなく、かといって大宮に転属したあとも乗りに行く機会もなく、E657系グリーンは普通車と同じ2+2配列だし、そもそも気軽に乗れる2+1列グリーン車が今やかなり少数派となってしまいました。サフィール踊り子は高すぎるから論外 そんななかでの引退の噂。暇なので葬式鉄が湧いて混雑する前なら今しかないなと思ったわけです。ではいつ乗るかと考えた時、日程候補が水曜日から日曜日まであり、土日は確実に観光客で混むと考え、金曜も泊まり込み温泉客で混むだろうとなった時、水曜日はきっぷを確保して木曜日なら一番空いているだろう!と。この時は知りませんでしたが、偶然にも651系の今後が載ったダイヤ改正概要が発表される前日に乗りに行くことになりました。

金欠なので分割でケチる

そんなわけで、選ばれたのは「綾鷹 草津3号」上野12時10分の発車です。回送での入線で、たしか12時ちょうどごろだったと思います。

この発車標も趣ありますよね

表示の仕方はたぶん3通りでした。

 

長野原草津口の英語表記、かなり無理があります。

上野駅ならではのアングル。常磐特急時代を思い出します。

そして今回使用するきっぷはこちら。



おや、B自由席特急券ではないですか。そう、残念ながら金銭的余裕がないので分割してみました。どうやら赤羽から新前橋の営業キロが99.1kmでギリギリ100km圏内に収まりグリーン代1300円となるわけです。ただせっかくなので上野から乗りたいと思い別途上野~大宮のB特急券を購入しました。上野からグリーン1枚よりは安いし、そして座り比べもできるので一石二鳥かなと。ところでなんで赤羽で分割しなかったのか?いやとくに意味はないですなんとなく。

あぁ^~651の音ォ~

わかりますかこの音。動画撮ってなかったので検索で見つけた適当なYouTube動画を載せておきますが、「フィーーーーーーーーン」と聞こえてくるこの感じ。やっぱ651系だなぁって思います。

youtu.be

あぁ^~たまらねぇぜ。651系の普通車ってバブルのあおりを受けてか結構フカフカですよね。なんか包み込まれる感じ。廃車になったら1席譲ってくれないかなぁ。

3年前の写真で代用。

普通車でこれならグリーン車はどんな感じだろうと。あっという間に赤羽を通り過ぎたので席を移動します。

もちろんC席、一人席を選びました。ぼっちに最適だね ちなみに混雑度ですが3割くらい埋まってた感じで意外と利用されてるんだなと思いました。混んでるというほどではないです。

あれ、なんか硬くない...?

座ってみた最初の感想がこれです。いや、たしかに柔らかいんですよ。ただ、ヘッドレスト、頭をもたれるところがなんか硬くね?と感じたのです。実は私の後頭部にコブのようなちょっとした出っ張りがあって、それがグリーン席のヘッドレストにうまくフィットしてくれなかったんですよね。なので微妙な不快感が残ってしまいました。。。といっても、さすがはグリーン席。普通席以上にリクライニングできるし、靴を脱いで足を置けるフットレストがある。床はカーペットが敷いてあってモコモコした感じ。

暖色がいい感じ

ちょっとした軽食 最近ジュースも値段高いね

窓もちょっと大きい気がします

ところで、車内検札があるもんだと思ってきっぷをずっと見せびらかすように 出してたんですが新前橋で下車するまでだれも来ませんでした。今は省略してるんですかね。

新前橋駅で発見

時間はあっという間に過ぎ、約一時間半で新前橋駅で下車。ちなみに長野原草津口まで行きたかったですがお金ないし帰るのが遅くなっちゃうのでね。しょうがない。

新前橋駅で2つの懐かしいものを見つけたので紹介します。まずこれ↓

懐かしいね


よくみたらSってありますね。スーパーひたち時代からの停車目標がいまだに使われているんですね。これもそろそろ見納めかな。

久しぶりに会った

そして2つめはこれ。常磐線でも何度か見かけたことはあっていつか乗りたいな、と思ってる間に廃車になってしまいました。なんと485系最後の編成だそうです。このあと年末にKY送りにされ、現在はがれきの山となったようです。乗りたかったなぁ。

スーパー普通車

最後に、事実上のお別れ乗車をしてきた感想ですが、651系の普通車めっちゃよくね?ってなりました。いやいや念願のグリーン車が目当てだったんじゃねぇのかよって思うでしょうが、そもそも普通車が良すぎるんですよね。マジで。あれに乗るとE653やE657がボッタクリに感じてしまうほどで、ほんとになくなってしまうのが惜しいです。グリーン車も、今回座った席がたまたまハズレなだけだったかもしれないので普通にオススメします。となりに席がない1列席を堪能するだけでも十分価値あると思います。執筆時点ではまだ走っていますが、もうすでに葬式鉄が湧き始めているようなのでこれからのかたはくれぐれもお気を付けください。おすすめはスワローあかぎですが、平日限定だし朝夕のみなので人によってはハードル高いかもしれません。

こんなところで今回の旅行記を締めくくります。いやー久しぶりに書いたなぁ。

651系、お疲れさまでした。

第8回CSLフォトコンテストに出た感想と今後への課題

8回目のCSLフォトコンテストが無事終わりました。私は今回で2回目の参加でしたが1次審査落ちということで...反省とかは後述しますがともかく素晴らしい作品揃いでしたのでまだ見てないよって方は作品群を見てみてください。

csl-contest.net

 

 

 

気になる?例の作品の作り方

Twitterエゴサ?みたいなことをしていたら約2名の方が作り方に関して気になるという趣旨のツイートをされていたのでせっかくですので共有したいと思います。まぁ私はこの技は2度と使わないかなと思います(もはやトラウマなので)。

正直、文で表すよりオフショットを見てもらったほうが早いかなと思いますが足りないところは適宜文章で説明していきます。

まずコンセプトとして廃駅が決まった駅をいろんな向きから4回撮影してみた!という風になっています。左上から秋→冬→春→夏という並びにしています。春が営業最終日で夏が廃駅後解体というイメージ。

下の春と夏はそのままいつものように地面に直置きしていますが、問題は秋と冬です。このゲームは地形を細かく調整するのが難しいので、ただ土を盛るだけだと安定しないし下の春夏に干渉してしまうと。そこで活躍してくれたのがPO(Procedural Objects)君です。当方まだまだmod初心者で使い方がよく分からず前回第7回ではほとんど出番がなかったツールでしたが、CSL Contestのサイト( https://csl-contest.net/archives/1660 )で解説されていたのを参考に応用させていただきました。本当に助かりました。自作した地面用プロップ(プロッパボウというらしい?)をPO化して引き延ばしてその上に草木やPO化した駅を置いています。冬の地面も自作で、フリー素材として転がっていたシマシマ模様のテクスチャをノーマルマップにしてプロップに反映させています。私は雪国の人ではないのでもしかしたら雪の雰囲気に違和感を感じる方がいるかもしれませんがどうでしょうか....。そして一番手前側に置いてある一番の目玉プロップ、そう「額縁プロップ」というネーミングセンスのない仮称で紹介していますが、こちらも自作で、もともとは以下の写真のようにスクショの外側にも枠がありました。しかしいざ撮影しようと影描写をONにしてみたところ、枠の影が不自然にスクショの中に映り込んでしまうではないですか。

低スペPCで遊んでいるので負荷軽減のため制作中は影描写OFFにしていたのが今回ばかりは仇となってしまいました。なので急遽、縁を消すことになったということです。そもそもデフォルトの太陽の位置だと春と夏が思い切り影に隠れるのでかなり低い角度まで下げています。完成作品の春に映り込むオレンジの列車がやけに反射しているのはこれが理由だったんですね。とまぁ4分割のカラクリはある程度分かってもらえたかと思います。以下にオフショ画像と簡単な解説を載せます。

枠外はなにもないのがわかりますね

反対側からみた写真。つなぎ目の汚いところが枠の裏側に隠れるよう調整しています。

夏・解体中のエリア。わかりにくいですが駅名標が取り外されて棒だけになっています。

雪プロップを調整する前

 

 

敗因、反省点

グランプリに輝いたTomoさんの作品などを見ればわかりますが、私のは草木の表現が雑だったなと反省しています。まぁ4分割作業にとらわれすぎて時間がなくなったせいなんですけどね。  言い訳してもしょうがないのですがそういうところが勝利への決め手になるのかなと感じました。中途半端は良くないね!そして、写真の説明文はちゃんと説明に使おうね!という話です。(小泉構文)自分の中ではポスターのキャッチコピーにありそうな文を書けば心打たれるかな、みたいなことを考えて差別化のためにもそうしていたのです。しかしそれが仇となってしまいました。結果発表のあと、フォトコン後夜祭にお邪魔して講評等いただいたときに言われたのが、

不正かと思った

です。説明文に「POで枠を手前に置きました!」とかひとこと簡単な説明でもあったら投票していたかも、という意見がありました。あぁ........................................って感じでしたねぇ。。。応募するときのルールに、スクショした画像をトリミング以外で加工をしてはならない、とあるんですね。それで今回の作品が別々に撮った4枚の画像をあとで1枚に貼り合わせた不正作品と思われていたようで...。事務局のかたに確認されることもなくスクショが掲載されていたので、そういう凝った作品だと思って投票してもらって一次審査通過してあわよくば入賞...と考えていただけに一次落ちが分かったときは内心とてもショックでした。メンヘラ気質な性格なので「もう2度と参加しねぇよぉ!」と半泣きな気持ちでいたのですが、後夜祭で種明かしするとみなさんの反応がかなりよく、とても励みになりました。コメント本当にありがとうございました。時間があれば次回も参加したいと思います。というわけで今回の最大の反省点は、

説明文ではちゃんと説明しろ!

です。応募時の説明文の下にある工夫点の欄にはカラクリを書いていたんですが、それは審査員しか見れないのでね...今後私みたいな不正を疑われそうな挑戦的な作品を作るかたがいたら充分ご注意ください。せっかくの苦労が台無しになります。

 

次回は「懐かしい 新しい」

今度のテーマは対極になる2つのワードということで、どちらか片方のみの要素でスクショを作ってもいいし、私みたいに画面を区切って両方を取り込むのもありかもしれません。ちなみに私は次回もし参加できそうな場合、今回のような画面を区切る作品は作らないと決めていますのでご安心ください(?)。もともと画面を4分割にしたのは完全に見た目のインパクト欲しさが目的でしたので。前回第7回で初参加したときは一次通過こそしたものの入賞争いには全く入れなかったので反省として絵面のインパクトでいこう、という考えで生まれたのが今回の作品でした。次回はわかりやすさ・伝わりやすさを最優先して今度こそ一次通過、あわよくば入賞も狙っていきたいと思っていますので対戦よろしくお願いします!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

2回目の(?)はじめまして

こんにちは、そしてはじめまして、準快速と申します。

読み方についてですが、そのまま「じゅんかいそく」でもいいですが、「せみらぴ」と読んでくれても構いませんというか後者のほうが親しみやすいかな、なんて。まぁどっちでもいいです分かれば同じなので。

 

さて、以前noteのほうでブログみたいなことやってたんですが諸事情により消え去りました。しばらくやってなかったんですがとある方に触発されてなにか書きたくなってしまったので再度開設してみました。普段Twitterで発信していますが、文字数制限のせいで伝えきれないことが多々ありましたのでそういった書ききれないようなことをここに納めていこうと思ってます。ジャンルはかなり雑多になると思われますので興味のあるジャンルだけ見ていくだけでも構いません。ほとんど自己満かつ不定期更新になると思われますがよろしくお願いします。

 

それでは